本文へ移動
 
灯油タンクのお掃除してますか??
 
お掃除をしないと厳冬期の暖房機器故障の原因になります…
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

灯油タンクの内部の汚れについて

見えない危険性!!
灯油タンクの中は見えませんが、実は長年放置していると危険な状態に。
結露により溜まった水や内部のサビ、長年の使用で溜まったヘドロやゴミの溜まり場になっている可能性が…。
灯油タンクの汚れ図
※図はイメージです。
真冬に暖房が故障!?
灯油タンクに溜まった水・サビ・ヘドロ・ゴミは、灯油配管を通り灯油機器へ侵入します。
灯油機器へ侵入すると、故障等の原因になる可能性が高まります。
灯油タンクの汚れ図
※図はイメージです。
上記の状態で灯油タンクを放置すると…
 

<トラブル事例>

ケース①
灯油タンクに水が溜まっている
原因:灯油タンク内及び配管内に侵入した水が凍結し、灯油が流れない(水は灯油より重たい為、灯油タンクの下で凍結し灯油が流れない)
修理:氷点下の気温で凍った水を溶かすことは困難な為、別の灯油タンクを設置し、配管工事。更に当該灯油タンクの撤去工事
費用:約5万円~30万円
対策:灯油タンク洗浄を夏期に行う
ケース②
灯油タンク内にサビ・ゴミ・ヘドロが溜まっている
原因:灯油タンク内のサビ・ゴミ・ヘドロが各灯油機器(ストーブ・ボイラー(暖房・給湯)・オイルリフター等)に混入し故障する
修理:対象機器の修理及び交換
費用:約3万円~30万円
対策:灯油タンク洗浄を夏期に行う
定期的にメンテナンスすることで安く済むことが、暖房・給湯器に深刻なダメージを与え修理・交換で高額になってしまう場合もありますので、灯油タンク洗浄をおすすめいたします。
 

灯油タンク洗浄の流れ

灯油タンク洗浄図
※図はイメージです。
STEP①
灯油タンク内の汚れた灯油と水やサビ・ヘドロ・ゴミ等を灯油タンク洗浄車のポンプで吸引します。
STEP②
灯油タンク洗浄車の第1室にて灯油と水に分離します。
STEP③
第1室から水を抜きます。
STEP④
水を抜いた灯油を第2室の大型濾過フィルターで灯油内のサビ・ヘドロ・ゴミ等を除去します。
STEP⑤
第2室の大型濾過フィルターできれいになった灯油を灯油タンクへポンプで送り出します。
STEP⑥
灯油タンクへきれいな灯油を戻します。(きれいになるまで繰り返します)
灯油タンク洗浄前図
お掃除(タンク洗浄)前
灯油タンク洗浄後図
お掃除(タンク洗浄)後
2年~3年に一度は灯油タンクの洗浄をすることをおすすめ致します。
 
 
タンク洗浄価格 5,940円(税込)
 
※灯油タンク洗浄は、冬期では洗浄効果が薄いので受付は5月~10月となっております。お早目にご連絡ください。

灯油タンクの各部品

灯油タンクの部品図
※図はイメージです。
①エアー抜き(通気管)
 灯油タンク内の圧力調整をしており、先端に引火防止網がついてます。
 エアー抜きは、タンク内部と外気を直接繋ぐ役割を持ってますので、つぶれたり引火防止網が目詰まりした場合は交換が必要です。
②レベルゲージ
 フロート式のレベルゲージがついており、灯油の残量を確認できます。
 レベルゲージは、フロートに傷やひびが入ると正常に動かなくなり、灯油切れの原因になります。又落雪等で割れてしまうと雨や異物が混入してしまうので交換が必要です。
③給油口キャップ
 灯油の注入口から雨や異物の混入を防ぎます。
 
④ストレーナー
 灯油タンク内のサビ・ヘドロ・ごみ等をフィルターで除去します。
   フィルター … 汚れてくると除去能力が下がり配管内や機器へ混入する恐れがあるので交換が必要です。
 カップ   … ヒビが入ってくると割れる可能性が高く、割れると灯油が漏洩するので交換が必要です。
   
⑤被覆銅管
 灯油タンクから機器やオイルリフター等との接続配管です。
 被覆銅管が折れたり潰れたりすると、灯油が流れなくなります。(土中に埋めたりしてる場合が多く冬期の交換は困難です。)
 又ヒビが入ると、灯油が漏洩してしまうので交換が必要です。
 
上記の部品を交換せずに放置すると…
 

<トラブル事例>

ケース①
タンクゲージが故障している
原因:灯油タンクゲージのフロートに亀裂が入り正確な残量表示がされず灯油切れを起こした
修理:灯油タンクゲージの交換と各灯油機器のエア抜き作業
費用:約1万円~3万円
対策:灯油タンク洗浄を行い正常に動いているか確認を行う
ケース②
フィルターが汚れている
原因:灯油タンク内のサビ・ゴミ・ヘドロが各灯油機器(ストーブ・ボイラー(暖房・給湯)・オイルリフター等)に混入し故障する
修理:対象機器の修理及び交換
費用:約3万円~30万円
対策:灯油タンク洗浄を行いフィルターを交換する
ケース③
カップにひびが入っている
原因:カップのひび割れ部分より灯油が漏洩し、土中に浸透したり、アスファルトを溶かしてしまう
修理:カップの交換及び灯油の浸透した土の入替、溶けたアスファルトの補修
費用:約3万円~30万円
対策:灯油タンク洗浄を行いカップを交換する
ケース④
被覆銅管にひびが入っている
原因:カップのひび割れ部分より灯油が漏洩し、土中に浸透したり、アスファルトを溶かしてしまう
修理:被覆銅管の交換及び灯油の浸透した土の入替、溶けたアスファルトの補修
費用:約3万円~30万円
対策:灯油タンク洗浄を行い被覆銅管を交換する
定期的にメンテナンスすることで安く済むことが、暖房・給湯器に深刻なダメージを与え修理・交換で高額になってしまう場合もありますので、灯油タンク洗浄をおすすめいたします。
 

お問い合わせ先

灯油タンクに関する事なら下記へ、お気軽にご相談ください。
※営業時間を過ぎますと、お留守番サービスに繋がります。
時間外のお問い合わせは下記のメールフォームよりお問い合わせください。
 
 北営業所 ☎(011)761-6666
(営業時間8:40~17:30)
 東営業所 ☎(011)791-7777
(営業時間8:40~17:30)
 

ほくねん灯油タンク洗浄車

灯油タンク洗浄車
※お伺いの際は当社の社名入り車両で伺います。
※他社への委託は一切行っておりませんのでご注意ください。
※冬期は洗浄効果が薄い為、作業を行っておりません。
※雨の日等、作業が出来ない日がありますのでご了承ください。

デジタルカタログ

灯油タンク洗浄

ファイルダウンロード

(2018-07-31 ・ 2016KB)