本文へ移動

LPガス切替トラブル

LPガス切替トラブルが多発しています!

特定商取引法が改正されました

特定商取引法が改正され、平成21年12月より実施されています。これまでは指定された商品のみが規制対象でしたが、改正によって原則全商品に適用されます。

当然ながら、LPガスも規制対象となり、お客さまの皆さまにとって、しつこく勧誘された場合や誤って契約した場合の規定などが、色々改善されています。

【ポイント1】 目的などをはっきり言わない勧誘は×違法…

事情社名・商品名・何の勧誘目的?

【ポイント2】 しつこい勧誘には、ハッキリとNO!再訪問は×違法…

不要の場合はハッキリと「NO」と言いましょう。
契約しないことをハッキリと断った場合、再訪問は禁止されます。

【ポイント3】 嘘や隠ぺいは×違法…

販売価格や支払方法などで事実でないことを伝えたりすることは禁止です。
最初だけで知らず知らず料金が上がっていることがよくあります。

【ポイント4】 申込書を書かない口答契約は×違法…

申込み時には、販売価格、代金支払い時期、支払い方法、担当者、クーリングオフのお知らせを記載した書面を交付することが義務付けされています。

クーリング・オフについて

クーリング・オフ…
クーリング・オフとは、申込みに関する書面に対する申込みの撤回のことを言います。
「書面」を受け取った日から数えて8日間は、消費者から一方的に契約を解消できる「クーリング・オフ」を行使できます。
その方法は…
電話だとトラブルや口のうまい業者に丸め込まれます。
できるだけ「書留」「特定記録郵便」「内容証明郵便」等で郵送するのが理想です。
必ず書面を受け取って8日間以内に郵送しましょう。

お困りのときは「消費者ホットライン」
☎ 0570-064-370